記事の詳細

少女たちが戦う3Dアクションシューティング『アリス・ギア・アイギス』
alicegearaegis

アプリをダウンロード
今回ご紹介するゲームは「アリス・ギア・アイギス」です。

片手で簡単に操作できる3Dアクションシューティングです。

少女たちにアリスギアという武装を装備させ、謎の生物ヴァイスと戦っていくゲームとなっています。

少女×メカが好きな人には、ぜひやって欲しい作品です。

私は、スマートフォンゲームの楽しみ方には大きく分けて3つあると考えています。

1つは、キャラクターやアイテムの収集。

1つは、戦闘や対戦などのゲーム性そのものを楽しむこと。

最後に、音楽やグラフィックなどのゲームの雰囲気や見た目を楽しむことです。

断言します。このゲームはキャラクターやメカの見た目を楽しむゲームです!

少女×メカ!綺麗な3Dモデルを堪能できる!

やはり何と言ってもアリス・ギア・アイギスの醍醐味は、少女×メカです。
alicegearaegis
登場する少女たち全員に3Dモデルが用意されています。

綺麗な3D少女たちにメカを装着して眺める。

これがアリス・ギア・アイギスの正しい楽しみ方です。

バトルで入手したアイテムを解析すると、新規のアリスギアが手に入ります。

見た目か性能か、シューティング以外の楽しみ方でがきることがとても魅力的です。
alicegearaegis
付け替えができるのは、メカ部分だけではありません。少女たちの服装も変更することができます。

戦闘スーツや私服、制服まで様々な物があります。

低レアリティのキャラが持っているコスチュームもあります。

低レアリティキャラを入手する利点があるのがポイントですね。

好きなキャラクターを入手してスタートしたいという方、朗報です。

なんとこのゲーム最初に最高レアリティのキャラが1人確定で手に入ります!
alicegearaegis
ゲームを始めて、チュートリアル最後にガチャが引けます。

このチュートリアルガチャで☆4のキャラクターが1人確定枠で存在します。

しかも、このガチャは納得いくまで引き直すことができます。

いわゆるリセットマラソン、リセマラをしなくて済むので時間の浪費にならなくていいですね。

ただし、チュートリアルガチャでは手に入らないキャラクターもいますので注意してください。

簡単3Dアクションシューティング

alicegearaegis
冒頭で見た目を楽しむゲームだと断言しましたが、もちろん魅力はそれだけではありません。
アリス・ギア・アイギスは、シューティングゲームとしても十分楽しめます。

何より魅力的なのが、片手で操作できることです。

スライドとタップだけでできるので、ゲームに自信がない方でも問題なくできます。
alicegearaegis
alicegearaegis
武器のバラエティーも豊かです。

二丁銃、バズーカ、ライフル、そして近接武器も使用できます。

武器の相性や属性などなど、単純ながらも武器選びに奥深さもあります。

他にも、マルチプレイやパッシブスキルなど、面白い要素は多くあります。

何より魅力的なのは、戦闘やスキルが複雑ではなくスッキリしていることです。

装備アイテムを何個も管理したり、照準を合わしたり、難しいことは要求されません。

複雑で高度なゲームも出てくる中で、シンプルな内容で勝負してきている作品です。

有償アイテムでコスチュームの購入も

alicegearaegis
前述のようにアリス・ギア・アイギスは、キャラの見た目を楽しむゲームでもあります。

メカだけでなく少女たちのコスチュームも多く存在します。

有償アイテムのカラットでは、ガチャだけではなく、コスチュームの交換も行えます。

お気に入りのキャラクターのコスチュームだけ買うこともできるので、より少女たちの着せ替えを楽しみたいかたにオススメです。

alicegearaegis
そして、このゲームにも存在します。

水着コスチューム!

各キャラのイメージや性格に合わせた水着が、ガチャで!

何故ガチャなんだ!!
alicegearaegis
服袋というアイテムを消費してランダムで各キャラの水着が手に入ります。

他にも入手方法はありますが、カラットをまとめ買いするとオマケでついてきます。

チュートリアルガチャで出てこないキャラクターを狙いたい方はまとめ買いをしてみてもいいかもしれません。

アリス・ギア・アイギスは、簡単シンプルなシューティングゲームです。

シューティングだけではなく、少女たちの着せ替えやメカの付け替えを楽しめます。

あらゆる面で、手軽に、しかも長く遊べる内容になっています。

気になった方は是非一度ダウンロードしてみてください。
アプリをダウンロード

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る