記事の詳細

新時代の到来!アニメRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』
priconne
アプリをダウンロード
今回ご紹介するゲームは「プリンセスコネクト!Re:Dive」です。

2016年にサービスが終了したゲーム「プリンセスコネクト」の続編として登場したRPGです。

タイトルの通り、アニメとRPGの融合した新時代のゲームです。

アニメが好きな人も、RPGが好きな人も楽しめる内容になっています。

アニメとゲームの融合!新感覚RPG!

プリンセスコネクトの魅力はやはり、アニメとゲームが融合した新感覚のRPGであるという点です。
priconne
ストーリーの途中に挿入されるアニメーションや、イベントストーリーをクリアすると流れるエンディングテーマ曲。

まるでアニメを見ているような演出が各所に散りばめられています。
priconne
キャラクターたちのデザインもアニメのようなものが多いです。

アニメRPGと銘打っていることだけあって、アニメのような演出やデザインにこだわっているのがわかりますね。
priconne
文字を読むだけで時に退屈なゲームのストーリーパートが、アニメのような演出で華やかになるのもポイントです。

アニメRPGと聞いて興味のある方はぜひダウンロードしてみてください。

全てのキャラが輝けるゲームバランス!

プリンセスコネクトでは、たくさんの女の子が登場します。
priconne
というより、使用キャラは女性キャラしかいません(何故かラマとかもいますが)。

この全てのキャラたちに個別のストーリーがあり、戦闘面でもそれぞれが個性ある能力を持っています。

個性豊かな女の子たちの存在が、プリンセスコネクトの魅力の1つなのです。

ただ、スマホゲームにありがちなのが、「このキャラはかわいいけど高レアリティキャラには敵わない」という事態です。

大概のスマホゲームは、キャラクターガチャで収益を得ているのが普通なので、高レアリティのキャラが強いのは当然と言えば当然です。

しかし、プリンセスコネクト!Re:Diveは、高レアリティキャラが大正義のゲームではありません。

もちろん高レアリティのキャラの方が最初から高い能力を誇ってはいます。

ただ、育成をしっかりすることを考えると、低レアリティキャラも十分に活躍できます。

アリーナの上位ランカーたちのパーティ編成を見ると、元々低レアリティだったキャラを育て上げて使っている人がほとんどです。
priconne
画像の上位3人のパーティの右端にいる「ぺコリーヌ」は、元々最低レアリティの☆1のキャラです。

各キャラの能力は、個性のあるものになっているので「ストーリーではイマイチだけどアリーナでは活躍できる」というように、活躍の場が用意されています。

このように、低レアリティのキャラでも活躍できるように、ゲームバランスが考えられています。

自分のお気に入りのキャラを活躍させられる素晴らしいゲームバランスです。

デイリージュエルパックでジュエルを貯蓄!限定ガチャに備えよ!

プリンセスコネクトは、いわゆる「キャラゲー」です。

お気に入りのキャラクターを手に入れ、育成して楽しむゲームです。

そのため、自分の好きなキャラをなんとしても入手したいと思うはずです。

そこで、プリンセスコネクトでのガチャの戦略を1つお教えします。

priconne
プリンセスコネクトのガチャでは、新キャラ以外のピックアップはいまのところありません(あったとしても稀)。

そのためガチャでは、水着やクリスマスなど季節限定や、新実装のキャラのピックアップが行われます。
priconne
恒常キャラたちが入手しにくいように聞こえるかもしれませんが、クエストで手に入るメモリーピースで恒常キャラたちは交換できます。

また、キャラの数がそれほどないので、無償のジュエルだけでもそれなりにキャラは揃っていきます。

それよりも、期間限定でそのタイミングを逃したら手に入らないキャラに狙いを絞るのがオススメです。
priconne
そこでオススメなのが、デイリーパックです。合計2000個のジュエルをお得に手に入れることができます。
priconne
他にも回数限定でお得にジュエルを購入できるものもあります。

ただ、自分の好みの限定キャラが出るまで、ジュエルは貯めるということを強くオススメします。

ここまで、プリンセスコネクト!Re:Diveの魅力を紹介してきましたが、まだまだ魅力はこんなものではありません。

RPGとしての戦闘要素、育成要素など魅力はまだまだあります。

興味のある方はぜひダウンロードして、プリンセスコネクト!Re:Diveの魅力を探してみてください。
アプリをダウンロード

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る