記事の詳細

browndust
アプリをダウンロード
今回は采配バトルRPG「ブラウンダスト」について紹介していきます。
このゲームは18マスの中に自分の傭兵団を配置して、戦局をよんで戦う戦略RPGというかなり凝ったものになっています。順番に説明していきます。

采配バトル

browndust
このゲームではラウンド制となっています。ラウンドの最初に自分のユニットを配置し、攻撃の順番を決めます。決まったら戦闘開始になります。
browndust

配置では基本的にどのユニットでも好きな位置に配置することができます。
配置では攻撃範囲やスキルなどを参考に、配置を決めましょう。
盾を持つ傭兵は防御型なので味方ユニットの前に配置して敵の攻撃から守りましょう。
また攻撃範囲は1マスから3マス貫通や十字範囲まで様々存在するので、敵の配置をみて多くの敵に攻撃を当てれるようにするのも戦略のうちです。
browndust
攻撃の順番は敵の順番も確認してから決めることができます。攻撃は味方→敵と交互に攻撃していきます。後から攻撃してくる敵を先に倒せば被害も攻められるので良いと思います。逆に自分も狙われることもあるので、しっかり配置を組みましょう。
一通り攻撃が終わるとラウンドが変わるので、新たに配置を決め直しどちらかが絶滅するまで戦います。
配置やユニットの性質を見極めて、戦略的に戦っていきましょう。

ユニット

browndust

このゲームで登場するユニットには4種類あります。ウォーリアー、ディフェンダー、マジシャン、サポーターがあります。
browndust
ウォーリアーはメインで攻撃する役目になります。最大レベルでの攻撃力が高めになります。
browndust

ディフェンダーは他よりHPが高く、壁役になります。ある程度攻撃もできます。
browndust

マジシャンは攻撃範囲の広さとデバフができるのが特徴です。
browndust

サポーターは攻撃ができない代わりに、回復やバフなど味方のサポートに特化しています。

この4つタイプいずれかと固有スキルをもって戦います。
スキルは攻撃系のものはなくサポート系のもので、バリアやバフなどがあります。スキルには効果範囲があるので配置の際は注意しましょう。

能力とは別にユニットのデザインもそれぞれのタイプに合わせて作られており、とても素晴らしかったです。また覚醒することでデザインが変わるのでとても良かったです。
イラストバージョンが見れるユニットもいるので、獲得したら見てみてください。

ダイヤ

browndust

ダイヤはガチャやコイン購入、スタミナ回復などに使用します。
ダイヤはクエスト報酬や、ログインボーナスで獲得できます。また購入でも獲得することもできます。ダイヤは購入する回数によりおまけがついてくるものがあり、その他にもダイヤとコイン、契約書がセットのパッケージもあります。ダイヤの数はそのままで値段も変わらず他の特典がついてくるのでかなりお得です。契約書により、ユニットを獲得でき、ダイヤはガチャ以外の用途にも使えるのでお勧めです。
始めた段階でこのパッケージを買って他のプレイヤーと差をつけましょう。

最後に

とても戦略的なゲームになっており、頭を使いました。ラウンド制なので戦況を見る時間もあり、落ち着いて作戦を立てられるので良かったです。自分で決まった配置などがあれば、保存しておき、毎回反映させることもできるので、得意な神毛などもすぐ出せます。

またユニットのデザインもこっていて驚きました。覚醒させることで見た目がかなり変わるので、育成する楽しみもありハマります。
タイプの特徴が出ていて配置を決めるときも楽しかったです。作戦を立てたら戦闘はオートなので遊んでいて疲れることもありませんでした。戦闘のスピードも変えれます。
自分だけの編成と配置で、敵や他のプレイヤーと戦う戦略ゲームが好きな方はぜひ遊んで見てください。
アプリをダウンロード

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る